バトルジムカーナ 2016 Rd.1

車も直り、せっかくなのでバトジムの観戦にでも行こうかなと思っていたところ、
オフィシャルのお誘いを受けたので行ってきました。

場所を筑波にうつしての第2回目。
参加者のみなさん筑波集合は遅いようで、今回も朝一はさびしいパドックに。
画像

今回はオフィシャルのため、コース設営も手伝いました。
画像

縦横を測定してA面、B面の位置合わせ、その後試走を繰り返して感覚的な調整。こうしてコースができるんですね。勉強になります。
画像


今回のコースはこちら。
画像

左右への揺さぶりや定常円あり、ストレートや大外回りもあり、楽しい要素満載。
グリップで走るかサイド引くかのせめぎあいで、どれだけ自分で抑えてグリップの判断で行くかを問われる良コースでした。


今回はオフィシャルとして、慣れないながらも入口誘導やスタート、ゴールも担当させていただきました。
筑波のパイロンはビニール製で、ぶつかっても揺れが収束しやすいような気がします。パイロンタッチの判定がなかなか厳しかったです。
走者の場所に応じてパイロンが見えやすい位置に移動したり、車両の下を覗き込むなど、できるだけジャッジ方法を修正しながら対応していたつもりですが難しいですね。

肝心の本戦は3位。最初の方のバトルでは走り方を忘れてしまい、コースに集中しきれませんでした。
サイド引くべきところをうっかりグリップで走ってしまいタイムロス。そのままズルズルと。。。
でも楽しかったので良しとします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック