テーマ:

交換殺人には向かない夜/東川篤哉

烏賊川市シリーズ第4弾も文庫化。 鵜飼探偵の元に有名画家 善通寺春彦の妻 咲子が訪れ、夫の浮気調査を依頼した。浮気相手と思われる相手は、2か月前から下宿している女子大生。 鵜飼探偵と探偵事務所のオーナー(要は大家)朱美は、使用人として潜入調査することになった。確かに2人の行動、言動には少し不審な点が見られた。 咲子夫人が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎解きはディナーのあとで/東川篤哉

東川 篤哉の新刊。発売予告から2か月?遅れてようやく発売。 購入はしていたのですが、やっと読み終わりました。 ヒロインは宝生グループ総帥の一人娘。”お嬢様”であることを隠して国立署に勤務する女性刑事。風祭モータースの御曹司である風祭警部の下、殺人事件の解決に努めている。 今日も管内で発生した事件に当たるが、捜査は難航。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EDEN/近藤 史恵

サクリファイスの続編が出ていたので、買ってみました。 前作「サクリファイス」から2年、主人公は、ミッコ・コルホネンのアシストとしてチーム「パート・ピカルディ」に在籍していた。 ツール・ド・フランスが一週間後に迫ったある日の夕食で、監督より今季限りでスポンサーの撤退を知らされる。。。 突出した才能も無く、結果も残していな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレイクスルートライアル/伊園 旬

帯文句は「12時間以内にIT要塞を攻略せよ」。 仕事上、コンピュータセキュリティーを考える機会も多いので、ちょっと面白そうだと読んでみました。 ある日の朝、セキュリティ企業に勤務する主人公の前に、大学時代の友人が現れた。そして主人公の勤務する会社の親会社が主催するセキュリティ・アタックに一緒に参加して欲しいと誘われた。 新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

そういえば、IDEA*IDEAさんで良かったって紹介されてたなと思い、読んでみました。 大学生の「先輩」と、彼がひそかに恋する後輩「黒髪の乙女」の物語。 物語は、この後輩が酒を求めて一人 夜の街に向かい、この娘の冒険が始まります。 これだけ読むと ただの酒好きの駄目っぽいヒロインになってしまいますが、筆者の文章で読むと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう誘拐なんてしない/東川篤哉

東川篤哉では、文庫化されているものは、先日までで読み終わったかなと。 まだ文庫化されていなくて、読んでないものを探すと、烏賊川シリーズと「もう誘拐なんてしない」くらい。 烏賊川シリーズは4巻がamazonで入手不可で、そのうち文庫化されるだろうということで、「もう誘拐なんてしない」をamazonでおとりよせしました。 舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学ばない探偵たちの学園/東川篤哉

現在、文庫化されているもので読んでいないのは、これが最後かな。 国分寺市にある私立高校 鯉ヶ窪学園。二年生として転入してきた主人公は、文芸部に入るつもりだったが、文芸部の部室を無断借用していた探偵部(探偵小説研究会)に入部してしまう。 鯉ヶ窪学園には芸能人が通う芸能クラスがあり、盗撮目的のカメラマンが不法侵入することがよく発生し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館島/東川篤哉

東川篤哉ブームが止まりません。 瀬戸内海に浮かぶ横島には、六角形の外観をした別荘がある。建てたのは岡山では知らない人がいないという天才建築家 十文字氏。この館で十文字氏の死体が発見された。発見されたのは建物の内側にある螺旋階段の下、転落死かと思われた死因はなぜか「3~4階からの墜落死」だった。事件は迷宮入りしてしまう。 事件の半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全犯罪に猫は何匹必要か?/東川篤哉

鵜飼探偵と戸村君の烏賊川市シリーズ第3弾。 鵜飼探偵の元に招き寿司チェーン経営者の豪徳寺氏が訪れて、行方不明の飼い猫探しの依頼を120万(=1年分の家賃)で受けることとなった。鵜飼はそれらしい猫を探し出して豪徳寺氏のもとに連れて行くが、探している飼い猫ではなかった。 猫の探索がふりだしに戻ってしまったころ、豪徳寺邸のビニール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

密室に向かって撃て!/東川篤哉

鵜飼探偵と戸村君の烏賊川市シリーズ第2弾。 前作「密室の鍵貸します」から間も無い3月。 前作でも同じみ、砂川警部と志木刑事は、喧嘩相手から訴えられたある職人を逮捕に行った。ところがこの職人は趣味で密造拳銃を製作・所持していてこちらに発砲してきた。逮捕劇の中で密造拳銃 1丁を紛失してしまう。懸命に捜索するも、密造拳銃は見つから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

密室の鍵貸します/東川篤哉

書店で目に入ったのが、同じ作者の「完全犯罪に猫は何匹必要か?」というタイトル。どうせ読むなら最初からと思い、この作品から読み始めました。 舞台は、かつてイカの水揚げ全国屈指の漁港として栄えた烏賊川市(いかがわし)。 主人公は市内の大学の映画学科に通う三年生。巨匠を目指して入学したものの、自分の才能の限界を感じて映像関係の仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニエレキ

学研 大人の科学マガジン vol.26 ミニエレキを買ってきました。 きっかけはギズモードのストリーミング。 ディープ・パープルのSmoke on the waterを弾いていました。奏者の腕もあるかもしれませんが、意外と本格的に弾けるものだと思わず一耳惚れ。本格的にはじめる気はないけどちょっと遊びたいならいいかなと思い購入。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オール/山田悠介

POPな表紙が前々から気になっていましたが、文庫化されていたので読んでみました。 田舎から上京して都内の大手アパレルに就職した主人公。しかし下積み仕事に情熱は薄れていき辞めてしまう。田舎の母にも打ち明けることができず、アルバイト暮らしを続けていたが、アパレル同様に仕事に飽きて辞めてしまった。田舎に帰ろうか悩んでいた時に「なんでも屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOSICKⅠ、GOSICKⅡ/桜庭 一樹

友人のススメで読んでみました。 舞台は1924年、ヨーロッパの小国、ソヴュール王国。同盟各国から優秀な生徒を留学生として受け入れていた聖マルグリット学園。日本から来た少年 久城と、学園に幽閉されている天才少女ヴィクトリカが猟奇事件を解決していく。 桜庭先生の作品はなかなか難しく、いまいち共感できなかったり、スッキリしなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢見る黄金地球儀/海堂 尊

文庫化されていたので、買ってみました。 ふるさと創生事業で交付された1億円で作られた、日本部分が黄金で作られた地球儀。 市役所担当者にハメられる形でその警備と盗難時保証を受けることとなった主人公。 そこにかつての悪友が現れて、黄金地球儀を盗み出そうと持ちかける。。。 海堂先生の作品は医療を扱ったものが多いのですが、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブル・ジョーカー/柳広司

戦中日本の秘密諜報員養成所 D機関の物語です。「ジョーカー・ゲーム」の続編。 D機関を気に入らない軍幹部が対抗して立ち上げた風機関との対決。。。 日本軍にまぎれた日本人のロシア・スパイを追い詰める。。。 軍の秘密通信の役についた民間人の通信士の運命は。。。 ドイツで列車事故に巻き込まれた日本人はスパイだったのか。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金のゆりかご/北川歩実

本屋をぶらりとしていて、今回はコレにしました。かなり面白かった。 早期幼児教育から始まるミステリーものです。 小さいうちから子供にある一定の刺激をあたえることで、知識を詰め込むことができる下地としての脳を作るという早期幼児教育プログラム。このプログラムの会社から、年収1000万、幹部候補という好待遇で引き合いがあった。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドウインドⅡ/川西蘭

「セカンドウインドⅠ」が面白かったので、さっそくⅡを買ってきました。 1巻は割りと分かりやすい青春成長ストーリーだったのですが、2巻はもっと精神的な成長が描写されていて、うんうん考え ながら読んでました。 トラウマ、ありますよね。私もいまだに(特に下りで)30km/h以上でると、タイヤが小石をハネて転ばないかとドキドキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドウインド I/川西蘭

書店で目に入った自転車もの。 主人公は中3で、自転車にのめりこんでいくような青春モノなお話です。 チーム入りを目指す激しい競争に疑問を持って抜けたり、一緒に走る楽しさを知ったり、祖父さんに気を使って一部消極的だった部分がだんだんと積極的に変わっていく主人公の精神的な成長も分かり、オモシロイし読みやすい。 グイグイ引っ張り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストロベリーナイト/誉田哲也

書店をふらふらしていて、気になったので読んでみたり。 この作者さん、「武士道シックスティーン」も書いてるんですよね。(「武士道~」は まだ読んで無いですが)青春モノを書いている人の、スピード感あるハイテンションな警察小説はどんなものか気になり、読んでみることにしました。 登場人物のキャラが立っていて、入れ替わり それぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョーカー・ゲーム/柳 広司

たまには活字をということで。 本作は戦時日本のスパイをテーマとして、5編が収録されています。 「スパイ」と聞いて思いつくのは007、ミッション・インポッシブルと海外の映画作品。戦時日本は軍国主義、大和魂みたいな印象で、スパイによる情報戦ってあまりピンときませんでした。でも当然 情報戦もやってますよね。 あっナルホド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more